電子材料・資材用 クロスインテリア用ベルベット・モケット 車輌シート用 モケット 衣料用 パイル織物 インテリア・アパレル用ベルベットの直販

妙中パイル織物の沿革

平成20年 液流染色機導入
平成20年 大型液晶パネル用ラビングクロスの生産開始、販売拡大へ
平成18年 2000mm巾コットンラビングクロスIPSαに納入開始
大型液晶パネル用ラビングクロスの生産方法を確立
平成17年 大型液晶パネル用ラビングクロスの開発開始
平成16年 液晶パネルの大型化に伴い2000mm巾の液晶パネル用ラビング
クロスの生産開始
平成15年 染色工場にワッシャー4台導入 毛焼機導入
平成14年 液晶パネル用ラビングクロスの生産量増加
シャープ三重工場にてラビングクロステストOK採用 
平成13年 エビロ社(ベルギー)製全自動小割ワインダー48錘
エリテックス社(チェコ)製全自動エアスプライザー付ワインダー20錘
バンデビ-レ社製電子ジャガード付織機1台導入 
平成13年 日立新工場にてコットンラビングクロス採用量産開始
AU、LG、イノラックスにてラビングクロス採用生産開始
平成12年 試作用自動整経機スズキワーパー導入
平成11年 液晶パネル用ラビングクロスの生産開始
平成10年 電子材料用クロスの開発開始
平成8年 代表取締役会長 妙中正次 就任
代表取締役社長 妙中清剛 就任
平成7年 株式会社川島織物フィリピン進出に資本参加
平成2年 モルタメ倉庫建設
平山第2製品倉庫建設
平成元年 ジャガードにもレピア織機導入
大同新工場増設
高速ジャガード設置
昭和58年 本年~平成9年超高速織機バンデビ-レ社製25台設置
昭和57年 株式会社川島織物グループとして車両・JR・バス等の各種モケットの生産開始
第2チーズ染色工場建設
平山製品倉庫建設
昭和55年 特殊加工工場(モルタメ)建設
昭和53年 代表取締役会長 妙中正一 就任
代表取締役社長 妙中正次 就任自動車用シート生地分野に進出
昭和51年 25周年祝賀会開催
小田に整経工場建設
昭和50年 平山原糸倉庫増設
昭和48年 コーンチーズワインダー2台設置
昭和47年 平山原糸倉庫建設
コーンチーズワインダー1台設置、超高速ワインダー108錘1台設置
コーンチーズワインダー120錘1台設置
昭和46年 鉄筋2階建事務所建設、レピア工場建設、グスケン社製レピア
織機46年~52年にかけて64台設置
昭和45年 G-6Wベルベット織機12台大同工場に設置
昭和44年   椅子張り生地をアメリカへ輸出開始
高速ワインダー100錘、田中式70吋シャトル織機3台設置
昭和43年 レーヨンシールイミテーションファーを開発し衣料分野で安定した市場を確保
昭和40年 対米向け綿ベルベットの件で社長初渡米
昭和39年 資本金を1000万円に増資 各種加工工場、染色・捺染工場新設
及び増設により糸染めからの一貫生産体制を完備
昭和35年 ビーバーパイルの商標でミンク風合いの商品で和装・洋装のコート分野に進出し大ヒットする 
昭和33年 紀州輸出パイル織物調整組合に参加
昭和31年 ジャガード織機設置
社名を妙中パイル織物株式会社に変更
昭和29年 本社工場を現在地に移転
昭和28年 八興染工株式会社設立
昭和25年 株式会社アトラス妙中パイル織物工場設立
代表取締役社長 妙中 正一 資本金70万円
昭和24年  西脇市よりモケットダブル織機4台購入、設置
昭和22年 ミシン縫製業(メリヤス下着)開始 従業員36名

取り扱い分野

インテリア用ベルベットの用途例 衣料用パイル織物の用途例 電子材料用クロスの用途例 車輌シート用モケットの用途例
  • 妙中パイルについて
  • 会社概要
  • 会社沿革
  • 代理店
  • アクセスマップ
  • トピックス
  • 用途例
妙中直販オンラインショップで格安毛布・ジャケット・デニムなどを販売しております。
internetインターネットからのお問合せは

こちらから

TELお電話でのお問合せは

0736-42-3170

FAXFAXでのお問合せは

0736―43-2803

FAXお問い合わせ票
▲ページの先頭へ